ネットショップと電子メール

副業などでネットショップ運営を行う際に、力を入れておきたいのが宣伝活動です。

どれだけ良い商品を取り扱っていても、ショップの存在が知られていないのであれば、なかなか売上に繋がらないことになります。少しでも多くの人にネットショップの存在や商品の魅力を知って貰いたい、セールの日には多くの人にアクセスして貰いたいという場合は、できる限りの宣伝活動をしておくと良いでしょう。
ただ、そんな宣伝活動を行う際に注意をしておかなければいけないのが、特定商取引法です。

自分自身のSNSやブログなどで、店や商品の宣伝をするだけであれば、それほど特商法を気にする必要もありません。
ただ、痩せやすい体作りを助けるダイエットサプリを紹介する際に「必ず痩せる」と書くような、誇大広告を出せば特商法違反となってしまいます。そのため、宣伝活動を行う際には、誇大広告にならないように気を付けておくことが大切です。

そして、もう一つ気にかけておきたいのが、電子メールです。
ネットショップを運営していれば、顧客のメールアドレスを取得する機会も多く訪れるでしょう。
メールアドレスを教えてくれたということは、ショップに対して興味を持ってくれた証となります。

そのため、入手したメールアドレスには積極的に店の宣伝メールを送信したいと考える人は少なくありません。送ったメールが目に留まれば、ショップを再び訪問して貰ったり、商品を購入して貰ったりするチャンスに繋がります。
ただ、メールアドレスを入手したからといって、むやみやたらにメールを送ると特商法違反となる可能性があるので注意が必要です。

特商法では、事前にメールを送ることを承諾した人にしかメール広告を送ってはいけないという規制が設けられています。
送信しないでと言われない限りは、自由に送って良いと考える人もいますが、送付に関する意思表示を示していない人に対するメール広告送信は認められていません。

広告を送る際に、電話番号だけで送ることができるSMSを利用したいという人もいるでしょう。スマホのSMSに直接広告を送れば、高い確率で広告を見て貰うことができるでしょう。
ただ、SMSに対する高校メールも、許諾があった場合しか送ってはいけないというルールになっています。ネットショップを運営する際、使えるツールはとことん使っておきたいと考える人は少なくありません。
ただ、メールに関しては送信に関するルールが決められており、破れば特商法違反となるので注意をしておく方が良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました